ダイエットとは食べること

ダイエットするためには何を食べて何を食べないか取捨選択することが大切です。本当の美しさは栄養のある食事によって作られます。高級な化粧品やエステだけではつくられない美しさがそこにはあります。そんな食品をどうやって選べばいいか伝授したいと思います。

まず普段食べているものを見直しましょう。お酒やお菓子、清涼飲料やファストフードは美容の大敵です。本気でダイエットで美しくなりないのならすぐにやめましょう。たまにストレスがたまらない程度に食べるくらいならいいかもしれませんが多量の摂取は厳禁です。

次は白いものを食べていませんか?白い砂糖は驚く程私たちを太らせます。そして白いおこめも玄米や雑穀米に変えるのがいいでしょう。さらにパンも白いパンでなく茶色のものを選ぶよう心がけてください。

さらにサラダは健康にいいので取り入れるべきだと思っていませんか?サラダのドレッシングはかけすぎないようにしましょう。油分が多く、太るもととなっています。

反対に取ることを推奨する食品を紹介します。まずは青汁です。栄養が詰まっているので毎朝飲んでください。野菜を摂るなら色の濃いものを選びましょう。色とりどりの野菜が毎日食卓に並ぶと素敵ですね。フルーツも積極的に食べることをおすすめします。

そしてどうしてもお菓子を食べたい時はダークチョコレートとドライフルーツを召し上がってください。少しで満腹感を得られます。さらにアーモンドもおすすめです。

とくにおすすめの食品はトマトとアボカドです。トマトは切るだけ食べられて抗酸化作用がたっぷりはいっているので美容効果が高いです。アボカドは食べる美容液と呼ばれ、食物繊維が豊富になっています。

卵もまた毎日食べたい食品です。優秀なタンパク質がたっぷり入っています。いろいろな卵料理を作ってください。

今、食べているものが10年後、20年後の美しさをつくります。今日からぜひ取り組んでみてください。


▲ページトップに戻る